ブログ

私は乳がんでした。

それがわかったのは、2015年10月。

気持ちの良い、青空が綺麗な秋の日でした。

(ガーデニングが好きで、お気に入りの花や木の手入れをするのが楽しみな普通の主婦でした)



市役所からの1年に1回の健康診断で

その日も、毎年受けている市の健康診断を普通に受けに出かけました。

(毎日、当たり前に見ていた空や山、普通の景色が・・・)



最期の医師との面談で

いつも通りに検査をいくつか終わらせて、最後は担当医との面談。

「何か気になることはありますか?」

と聞かれ、


「そうですね・・・」

「ん・・・、そう言えば」

「最近、胸がひっぱられる感じがするかなぁ・・・」

と答えました。


大丈夫だと思うけど

「そうですか。」

「では、マンモグラフィを取ってみましょうか。」

「99%大丈夫だけれどね!」

とも言われて。


青天の霹靂

2週間後、

大丈夫とは思いつつ、ドキドキしながら検査結果を聞きに。


診察室に入ると

「今度はエコーを取りましょう!」

と、予想外のことば。


エコーだけかと思ったら、

「細胞も検査します。」と。


エッ?!

もしかしたら・・・



悪性の乳がんです


これを聞いた時に頭が真っ白になりました。

今思うと、私の人生が変わった瞬間だったなぁ、と。


あれから3年

入院期間は短いものでしたが、抗がん剤の副作用で退院後も、苦しみました。


その自分が、今こうして普通の生活に戻れたことは

本当に奇跡のような気持ちです。


私と同じ体験をされている方、

今もその苦しみの中にいる方、


同じ体験者として、伝えて行きたいと思っています。


病気は治る
健康になる

ということを。

- 酵素は生命(いのち)と同じ - 

はじめまして。

日本さくらコーポレーション代表の 井ノ口 礼子(いのくち れいこ)です。 



日本人の2人に1人がかかると言われる癌ですが、医療が進んだ今でも

とても怖い病気に変わりはありません。 


 私も癌患者

「まさか、自分が?!」と。 

分かったのは、3年前でした。 


つらい抗がん剤の副作用 

  • 抗がん剤治療 
  • 手 術 
  • 高分子治療 

 と、1年半の治療の中でみるみる変わっていく自分の姿に衝撃をおぼえました。


治療中は、担当医にお任せするしかなかったのですが、

  • 髪の毛が抜ける
  • 両手、両足の爪の色も茶色に変色
  • ちょっとした刺激でも皮膚に赤く湿疹ができてる
  • 少し動いただけでも酷い疲労感におそわれる

など、思い出しても・・・。


抗がん剤の副作用で体はどんどん衰弱し、 

それと同時に、気持ちまでなえていく一方でした。


治療が終って

 「早くもとの元気な姿に戻りたい!」 

「普通の生活がしたい!」

 と、それはもう必死でした。


良いと言われている食品があれば、取り寄せて食べ続けたり、  

効果があると聞けば、サプリやドリンクも飲み続けたり・・・ 


でも、1カ月、3カ月と続けても変わりませんでした。 


 

生きた本物の酵素『プレミアムザイム』との出会い

 「もう、どうしようもない・・・」 

 「もとのように、元気な自分になることはない・・・」 

と、生きる気力もなくなっていきました。 


 そんな時に 

 主人の友だちが勧めてくれたのが 「プレミアムザイム(生きた酵素)」でした。



酵素って何? 

はじめは、

「酵素って何?」 

「良いものらしいけど」

ぐらいにしか思っていませんでした。


ところが、

飲み始めて2週間で

 驚くほど体の変化を感じました。 


  • 口内炎ができにくくなった。
  • 手足のしびれが薄らいだ。 
  • 胃の調子、腸の調子が良くなり、「消化吸収が良くなったなぁ!」と実感するようになった。
  • 抜けてしまった髪の毛が生えて来た! 

 これは、本当に嬉しい変化でした。 


 もっと、酵素について知りたい! 

プレミアムザイム」(サプリメント)を飲みはじめて、実際に自分の身体の変化を感じ、 私は、もっと酵素について知りたくなりました。 


そして、手当たり次第に本を読んだり、 

 時には、東京まで行ってセミナーや講座に参加もしました。

 もちろん、「プレミアムザイム」の研究・開発に携わった先生方にも出掛けて行って、直接お話を聞きました。 


 酵素を意識した生活 

自分の体調が良くなるにつれ、これまで自分の生活の中には無かった酵素を意識した生活が始まりました。 

 そのことが、抗がん剤の副作用を劇的に改善させたのではないか?! と、思います。


 勉強する中で 

 病気の原因は 

 第二の脳と言われている腸の炎症から始まっている 

 ことを知りました。 

 

正しく知ることによって体調の快復が加速されたと思っています。 


腸内細菌 

腸内フローラ 

など、最近の研究から腸の健康が注目されていますが、

 

男女ともに死亡原因の第1位は、癌です。 


癌にならないためには、

腸を元気に保つこと 


癌になってしまったら、

正しく治療を行って 

抗がん剤の副作用を軽減すること 


そして、

健康な体になること 


抗がん剤の副作用で苦しんでいる方へ伝えたい 


私は、

自分と同じように抗がん剤の副作用で苦しんでいる方へ

自分が経験した元気になる方法

を伝えて行きたいと思っています。        


2018年6月1日

日本さくらコーポレーション 代表 井ノ口礼子